料理長

「飲食業態 日本一」を
目指して進んでいきたい。

川島 好平

入社のきっかけ

求人派遣会社に登録し紹介して頂いたのがきっかけです。
学生の時に海外放浪をしており大きく自分の店を出したいという目標を持って入社しました。
当時は包丁を握ったこともなく料理の知識もない所からのスタートでした。

入社1年目

右も左もわからずのままスタートし日々厳しく指導していただき自分の能力なさも痛感し夢中で料理をしていたので一年はあっという間にたった記憶があります。
100席超えの店舗に配属し、当たり前の事ですが社員、アルバイト関係なくお客様一人一人を大切に満足させるという自店のスタイルがスタッフに浸透しておりそのスタイルについていくことで精一杯でした。
1年目は自分がチーフになることも料理長になることも想像できなかった毎日でしたが、全然料理もできなくて先輩に迷惑をかけても毎日優しく声をかけていただきアドバイスをしてもらっていた毎日でした。
当時の料理長(現 総料理長)に日々厳しく料理の心得・技術を指導して頂き現在は1年目に指導して頂いた事で今自分があることを日々感じております。

入社3年目

2年目の終わりに当時の料理長が新店の立ち上げで自店から離れチーフも店長も異動されまだまだ勉強段階の自分が自店のトップとなったのが3年目です。
当時の料理長からは自店を自分の店のように想いトップとしてやっていってくれとアドバイスを頂き、頑張った記憶があります。
5年間で一番精神的につらかった年でした。
今まで教えてくれていた人が自分の下の立場になることで今以上に頑張っていかなくてはいけないと感じ 日々勤務していました。
なかなか自分の理想としている店にはならず当時はもやもやしながら働いている時期もありましたがその時の料理長より「自分のために働いてくれているスタッフは自分の家族・兄弟のように思わなければならない」とご指導いただき気持ちをより入れて料理をするようになりました。
そういう気持ちで働くようになり自分が理想としているお店作りが明確となってスタッフにも伝わるようになってきました。
この時期からお店の雰囲気も良くなり、そうすることによりお客様にも伝わっていくのが感じられました。
そのように思わせてくれた上司にもスタッフにも感謝し、自分のお店であるように思えて働けるところが当社の魅力です。

入社5年目

5年目にし料理長となりより責任感を持って働かなくてはいけないという1年だったと思います。
仕事内容も入社一年目とは比べものにならないくらいになりその点も自分のスキルアップの為だと思い充実した日々を送れています。
社員・アルバイトともに助け合いながら、一人一人の色々な成功を一緒になって喜び苦しいときは一緒に苦しむことが出来るまで成長させていただきました。
現在は2店舗見させていただいていますがまだまだ未熟だと日々自分に言い聞かしながら過ごしています。
今後の目標としては成長させていただいた当社にも色々な事で助けてもらったスタッフにも感謝しながら5年目を過ごしています。

今後

1年目には思いもしなかった料理長になり今後はどうすれば当社をもっともっと盛り上げれるか
目標は大きく「飲食業態 日本一」を目指しこの一年間を過ごしていきたい!

ENTRYエントリーはこちらから受け付けております。